E-メールプロフィール

キューピーと戦車

戦車図鑑

35(t)戦車 (ドイツ)

オリジナルはLTvz.35という、チェコスロバキア軍の戦車。1938年からドイツがチェコを合併したので、1939年3月チェコスロバキア軍保のLTvz.35は297輌中、219輌がドイツ軍に接収。上の写真の戦車は接収されてドイツ軍仕様なカラーリングや装備を付けた車両です。

この35(t)戦車ですが、軽戦車ながら装甲は25mmとドイツのIII号戦車に匹敵する防御力、主砲の性能ものIII号戦車ほぼ同じかちょっと上、それで時速35kmという速度性能を維持、ただ足まわりの設計が複雑でやや難アリという感じの戦車です。開戦初期のドイツ軍は、十分な数を揃えることのできなかったIII号戦車の代わりの戦車として活躍しました。

ただ、チェコには35(t)戦車の、ほぼ上位性能版になる38(t)戦車も存在したので、ドイツ軍に運用された35(t)戦車は接収した219輌のみで追加生産はされませんでした。

戦歴の方は、ポーランド戦において、35(t)戦車は77両が故障。チェコ軍の時代から指摘されていた足回りの脆さが露呈します。そして、フランスに投入され脆弱な防御力を露呈しました。対ソ戦では、T-34中戦車を相手に、軽戦車で戦えるような時代ではなくなり、1941年12月10日には、最後まで生き残った35(t)戦車を喪失しています。

ちなみにドイツ軍に接収されなかった79両のLTvz.35は自由スロヴァキア軍が運用したんだけど、こっち戦車は全然話題にならないね。どうなったんだろう?終戦まで生き延びた戦車あったんだろうか?

戻る

 
このサイトの利用条件プライバシーポリシー