E-メールプロフィール

キューピーと戦車

戦車図鑑

3号突撃砲B型 (ドイツ)

1936年ドイツ軍は、敵の陣地を攻撃する歩兵支援用の新しい車両の開発に取り掛かります。この車両は75mm砲を備えて人間の標準身長以下というコンセプト。

3号突撃砲(短砲身)の有名な搭乗員といったらミヒャエル・ビットマン(ミハエル・ビットマン)でしょうか?1941年7月キエフ南でのウマーニ戦でT-26戦車相手にビットマンの3号突撃砲が攻撃。7両のT-26を撃破します。伝説の戦車兵の最初の戦果らしい戦果として有名なエピソードです。

そういえば、突撃砲は砲兵の管轄なのに伝説の戦車兵っておかしくない?と思うかもしれませんが、ビットマンは武装SSに所属していて、陸軍の軍人ではありません。武装SSは説明が難しいのですが、わかりやすく言うところのナチスの私兵であって国の軍隊ではありません。武装SSでは、陸軍のように古い伝統に縛られず、装甲科の兵が突撃砲兵になったんですよ。


 
このサイトの利用条件プライバシーポリシー