E-メールプロフィール

キューピーと戦車

戦車図鑑

SASジープ ヨーロッパ戦線仕様 (イギリス)

SASはスペシャル・エア・サービスの略。名前からして空挺作戦をする部隊ですけど、当初は空挺作戦してましたが武装車輌による陸路からの襲撃方法になって行きます。その時に使用した車両のベースになったのがJEEP。

北アフリカで連合軍が勝利して、戦線はヨーロッパへ。北アフリカとは違い明確な戦線が構成されるために、戦線後方への侵入が容易ではなく、「S.A.S.」は従来の空挺作戦が主流となります。

でも、「武装ジープ」による活動も引き続き行われており、その時に使用した車両が写真のジープ。北アフリカで使われた武装ジープはジェリカンによる燃料、飲料水の積載方法でしたが、ノルマンディ上陸作戦以降は大型のタンクが用いられています。

武装はビッカース軽機関銃を5挺搭載。なかなか強力。防御力は、前面は装甲板に防弾ガラスだけ。防弾ガラスと言っても、非常にガラス面積小さいし、側面や後方は装甲版もなく無防備です。気休め程度の防御力ですが、ないよりはマシだと思います。

ちなみに実物はこんな感じ。→写真を見る なかなか、かっこいいな。

戻る

 
このサイトの利用条件プライバシーポリシー