E-メールプロフィール

キューピーと戦車

戦車図鑑

Sdkfz232 8輪装甲車 (ドイツ)

装甲偵察部隊に配備された無線機付きの装甲車です。ドイツ軍はグデーリアンの戦車部隊構想に基づいて、不整地突破能力のある偵察車両の開発を進めていました。戦車部隊を最大限に活かすには、戦車と同じように不整地でも移動できる偵察部隊の車両も必要という、非常に明確なコンセプトです。ただ、第2次世界大戦開戦以前から、この手の車両を用意していたわけですから、ドイツ軍の強さが伺えます。

ただ、ドイツ人気質と言いましょうか、ドイツ軍の兵器すべてに言えることですが、性能を追求するあまり、複雑なメカニズムを採用しがちなことです。8輪装甲車も例外に漏れず、例えばハンドルを右に切ると前4輪が右に向き、後ろ4輪が逆向きにタイヤが向くようになって、車体の大きさの割に小回りがききます。ドイツの技術はすばらしいです。もちろん複雑な設計ゆえ、量産には不向きでした。そこそこの性能で量産しやすさを追及するアメリカ軍とはずいぶん違います。ちなみに戦争に勝ったのはアメリカ軍。

今回の作例では約18年ぶりに缶スプレーで仕上げたもの。今では缶スプレーの虜です。

戻る

 
このサイトの利用条件プライバシーポリシー