E-メールプロフィール

キューピーと戦車

戦車図鑑

BMWサイドカー(ドイツ)

BMW R75サイドカー。ドイツ軍では、陸軍以外にも空軍、そして武装SSにも大量に使用されたR75です。

ドイツ軍は戦車のスピードに同調できる偵察部隊の足としてオートバイを多用しました。オートバイの良いところは走破性の良さ、そして部品は少なく単価が安いので量産しやすいことでした。

しかし4輪車に比べて荷物や人の搭載数が少ないというデメリットもありました。そこで、オートバイにサイドカーを付けてオートバイの短所を補おうとしたのです。

構造が簡単といっても、そこはドイツの技術者。メカのこだわりは相変わらずで、このサイドカーは2輪駆動です。後輪とサイドカーの転輪がシャフトで繋がっていて悪路の走破性を高めていました。 良くできたサイドカーで、ソ連軍も戦後、K-M72としてR75サイドカーをコピーして使ったほどです。


 
このサイトの利用条件プライバシーポリシー